資産運用って大丈夫?資産運用を学ぶきっかけ

お金の爽やかなイメージ図お金

資産運用は適切に行うべきです。

少ないリスクで銀行預金よりも大きいリターンを得ることができます。

 

少しでも興味を持ったならば、安全性やリスクの勉強を行うことが大切です。




 

資産運用を行うきっかけ
-資産運用って大丈夫?-


資産運用という言葉の胡散臭さ

資産運用という言葉を聞き、あなたは何をイメージしますか??

money mark

 

 

 

 

 

 

 

 

・詐欺っぽいよねー

・胡散臭いなー

・ギャンブルでしょ?

 

 

友達数人に実際に聞いたところ複数からこのような言葉が出てきました。

実際に、自分も関連書籍やブログで勉強するまでは、

 

同感でした。

 

昨今のニュースでも、周囲の人を誘導する人がいます。
巨額の利益を得ようとし、逮捕される人がいます。

そんなことから上記のイメージがついたと考えております。

 

 

しかし、知っておいて欲しいことがあります。

私たち日本人は全員資産運用をしているのです。

 

 

日本人は全員資産運用をしている

しかし、日本人の全員が資産運用の片棒を担いでいる
この事実をご存知でしょうか!?

(悪いことではなく、むしろ
 日本経済のために大切なことなのですが。笑)

 

いやいや、
自分は汗水たらして給料を稼いで、銀行に預けて堅実に生活しているよ!

 

こんな方も給料から、国民年金保険料が天引きされ、銀行への預金を行っております。

 

それらの資金の使い道をご存知でしょうか。

 

 

天引きされた国民年金保険料はGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)
銀行へ預金したお金は日本銀行(日銀

株式・債券へ資産運用をしているのです。

つまり、私たちの資産を使って、運用している。

 

私たちは間接的に全員資産運用の経験者なのです。

 




 

しかし、間接的ということは間に入る人には手数料(給料)が入ります。

 

利益から手数料が引かれ、僅かな金利となっているのです。

 

私たちは僅かな金利(預金)やずーっと先の年金という恩恵?を受けるのみとなっているのです。

 

 

この事実を学んで、
利益を搾取されないためには、自分が資産運用を行う側に回るしかない
と思いました。

 

 

これがきっかけとなり、資産運用の情報収集を始めたのでした。

資産運用の強みを理論として知ろう!(労働収益との比較)
資産運用は自分の体を動かさずとも、お金に働いてもらえます。また、労働による収益率(世界経済収益率)と比較すると、資本収益率は過去ずっと勝っています。また、複利による力で収入が加速します。そんなお話。

実際にギャンブルではない

株取引と聞くと、
数台のデスクトップパソコンを目の前に、折れ線グラフ(チャート)を見続け、一喜一憂する。

 

日本にはこんなイメージが残存していると思うんです。

 

確かに、デイトレーダーと言われる方はこのようなことをしている人もいます。

 

自分達には本業があり、このようなことはできません。

C家族は数日保有し、上がったら、売却するスイングトレードから株取引を始め、

 

現在は高配当株が安くなったら購入し、バイ&ホールド(買った物は買ったまま)で、ほったらかし投資です。

 




 

日経平均株価もニュースで見る程度で、気にしなくなりました。

 

高配当株では年間利回り5%のものもあります。

2018/11/18現在

有名な企業では、JT、SUBARU、昭和シェル石油あたりでしょうか。

 

銀行預金(年間利回り0.1%)と高配当株(年間利回り5%)で比較すると、

とんでもない違いが出ます。

 

元金100万円が、年利0.1%では10年後に約101万円に。年利5%では約163万円に。その差は約62万円となります。

銀行預金(年間利回り0.1%)と
高配当株(年間利回り5%)の図(C作)

複利の効果-100万円が銀行と資産運用で10年約60万円の差に
複利の効果は重大。100万円が銀行預金と資産運用で10年間約60万円の差になります。 こんなに差があるなら、行うべきでしょう。

 

 

お金がお金を稼いでくる。
そして株主として、社会貢献もできている。

 

最高ではないでしょうか??



高配当株の運用として、自分はライブスター証券で取引を行なっています^^

2カ月間手数料無料ですし、それ以降の手数料も他の証券会社と比較すると安価です^^



https://ikukyuudanshic.com/method-asset-management/

まとめ

日本人は全員(間接的に)資産運用をしている。

手数料を払うなら、自分で行った方が、収益性は高い。