育児休業を1日だけ取得して出費を減らす方法!社会保険料の節約

育児休業を1日取得して出費を減らす方法お金

育児休業を1日だけ取得して、数万円から数十万円出費が減る方法をご存知でしょうか。

育児休業は労働者の権利とは言うものの、職場への負担を考えて取得しない方も多いです。

たった1日育児休業を取得するだけなら、職場への負担も少なく済みますね!

男性の育児休業の取得をオススメしている当ブログの立場としては、正直、あまりオススメできる方法ではありません。

しかし、収入が減少している昨今においては一つの方法として知っておくべきなのでご紹介致します。




育児休業を1日だけ取得して数万円出費を減らす!社会保険料の節約





育児休業を1日だけ取得して出費が減る理由は社会保険料が免除されるから

この方法は育児休業を取得している期間、健康保険料と厚生年金保険料が免除になる制度を利用しています。

この制度の名を育児休業保険料免除制度と言います。

育児休業中の社会保険料のうち、健康保険料と厚生年金保険料が免除になる制度ですね。

社会保険料って何という方は以下をご覧ください。

社会保険料とは

各種社会保険に対して使用者,被用者,国などが負担する費用。日本の社会保険制度は各種の年金,健康保険,雇用保険などから構成されており

コトバンク

社会保険料は各種の年金、健康保険、雇用保険の他に介護保険、労災保険があります。

育児休業保険料免除制度は今後育児休業を取得する方はぜひ知っておいてください。

育児・介護休業法による満3歳未満の子を養育するための育児休業等(育児休業及び育児休業に準じる休業)期間について、健康保険・厚生年金保険の保険料は、事業主の申出により、被保険者分及び事業主分とも徴収しません

日本年金機構、育児休業保険料免除制度

育児休業の権利があるかはコチラの記事で簡単に確認できます。

育児休業の法律についての詳細はコチラ。

育児休業の法律について!育児介護休業法や育児休業給付金制度!
育児休業は男女問わず取得可能です。そして、ほとんどの人の育児休業の申出を事業主は拒むことができません。あなたは育児休業を取得する権利がありますか?育児休業を取得する権利があるかどうか、育児介護休業法を簡単にまとめました。

ちなみに、雇用保険に関しても、事業主から賃金を支払われなければ、雇用保険料を支払う必要がないようです。

育児休業を1日だけ取得して数万円出費を減らす条件

結論から申し上げます。

育児休業を1日だけ取得して数万円出費を減らす条件は

『月の最終日に育児休業を取得すること』

です。

詳細を以下で説明していきます。




育児休業保険料免除制度の期間

日本年金機構の育児休業保険料免除制度のページには以下の記載があります。

保険料の徴収が免除される期間は、育児休業等開始月から終了予定日の翌日の月の前月(育児休業終了日が月の末日の場合は育児休業終了月)までです。

日本年金機構、育児休業保険料免除制度

ここで注目すべきは以下の記述です。

育児休業等開始月から終了予定日の翌日の月の前月(育児休業終了日が月の末日の場合は育児休業終了月)

例を交えて説明します。

7月の末日である7月31日に育児休業を取得するとします。
育児休業等開始月=7月
終了予定日の翌日の月の前月(育児休業終了日が月の末日の場合は育児休業終了月)=7月
つまり7月は保険料が免除される期間となります


7月の末日でない7月15日に育児休業を取得するとします。
育児休業等開始月=7月
終了予定日の翌日の月の前月=7月16日の月の前月=6月
つまり保険料は免除されません

育児休業免除制度で払わなくなる社会保険料の目安

自分の月給の総支給は約270,000円です。

社会保険料は約36,000円です。

育児休業を取得することで、この36,000円を免除されることになります。

しかし、免除額をさらにあげる方法があります。

その方法とは、賞与の支給される月の月末に育児休業を取得することです。

賞与の社会保険料は約100,000円です。

月給の免除分を加えると、約136,000円を免除されることになります。

この制度を利用しない手はないのではないでしょうか。




自分の考え

以上が育児休業を1日だけ取得して数万円出費を減らす方法でした。

社会保険料の節約は家計には大助かりな方法と思います。

しかし、
当ブログは男性も育児休業の取得をして、一緒に子育てして欲しいと考えています。

そのため、育児休業を1日しか取得しないのは賛成できません。

しかし、収入が減少している昨今においては一つの方法として知っておくべきなのでご紹介しました。

育児休業を取得して、家族と過ごす時間はかけがえのないものです。

育児休業取得中ですが、非常に有意義な毎日を過ごしています。

育児休業2週間が経過!生活や充実度を解説!
男の育児休業を取得して2週間が経過しました。 その生活や充実度を解説しています。

また、育児休業給付金を利用することで、所得なしで生活もできています。

育児休業給付金は所得扱いではないので、所得税もかかりません。

育児休業給付金の実際は?実際に給付された金額を公開!案外高い!
育児休業給付金の実際は?実際に給付された金額を公開!案外高くて、これだけでも何とか生活できそうです^^

育児休業は労働者の権利です。

しかし、職場の雰囲気のせいで取得しづらい方もいます。

そんな方はこの方法で、せめて出費を抑えてはいかがでしょうか。