育児休業給付金の実際は?実際に給付された金額を公開!案外高い!

育児休業給付金の実際は?お金




育児休業給付金の実際は?

実際に給付された金額を公開!案外高い!


計算方法

 

概ね総支給の67%(育児休業180日までその後は50%)を給付してもらえます。

以下の記事で詳細の計算ができます。

育児休業給付金の計算方法。どれぐらい貰えるの?民間と公務員の違い
育児休業給付金の計算方法を記載しています。どれぐらい貰えるのか自分で理解しながら計算しましょう。民間と公務員の違いも詳しく説明しています。

育児休業給付金は所得にはならないため、所得税を課されません。

また、育児休業中は社会保険料(健康保険や厚生年金の保険料)を支払う必要がありません。

 育児・介護休業法による満3歳未満の子を養育するための育児休業等(育児休業及び育児休業に準じる休業)期間について、健康保険・厚生年金保険の保険料は、事業主の申出により、被保険者分及び事業主分とも徴収しません。

日本年金機構

このため、育児休業開始前の手取りの約80%になることが多いそうです。

我が家は一体どれくらいの金額なのか、ワクワクしていました。

給付対象

育児休業給付金の受給の前提条件として、

民間企業:雇用保険への加入

公務員:公務員共済組合への加入

が挙げられます。

また、ハローワークインターネットサービスには下記も条件として記されています。

  • 育児休業中に休業開始前の8割以上の賃金を勤務先から支給されていないこと
  • 育児休業開始前の2年間に給与の支払い日数が11日以上ある月が12ヶ月以上あること
  • 育児休業中の就業日が1ヶ月に10日以内もしくは就業時間が80時間以下であること

 

自分の場合

支給されました。

1ヶ月あたりの金額は…

約18,8000円

でした。

手取りが約23,5000円なので、手取りの80%程度支給されています。

地域にもよると思いますが、約18,8000円あれば、何とか生活はできると思います。

皆様も実際に計算してみて、自分の家族に育児休業の取得を提案してみてはいかがでしょうか。

育児休業給付金の計算方法。どれぐらい貰えるの?民間と公務員の違い
育児休業給付金の計算方法を記載しています。どれぐらい貰えるのか自分で理解しながら計算しましょう。民間と公務員の違いも詳しく説明しています。